Redmine.JP

プロジェクト管理ソフトウェアRedmine 日本語情報 (unofficial)

TOP > ドキュメント > はじめてのRedmine > Redmineを使い始めるための初期設定 > ステータスの追加

ステータスの追加

ステータスとは

「ステータス」は、やるべき作業・タスク(Redmineでは「チケット」と呼ぶ)の状態を表します。チケットの状況を確認したり、ステータスごとにチケットを表示することができます。

例えば、以下のように業務にあった好きな名称でいくつでも作成できます。

例1: 未着手作業中完了
例2: ToDoDoingDone
例3: 新規制作中確認中公開待ち終了

  • ステータスはRedmine全体の設定のため、複数のプロジェクトで併用することができます。
  • ステータスの追加・編集・削除は、システム管理者権限を持つユーザーのみができる操作です。

ステータスの追加手順

画面左上の「管理」をクリックし、管理の中の「チケットのステータス」をクリックしてください。チケットのステータス画面が表示されます。

6つのデフォルトのステータスが表示されます。これらをそのまま使ったり、名称を変更して利用することもできますが、今回は新しくステータスを作ってみましょう。

チケットのステータス画面右上の「新しいステータス」をクリックしてください。「新しいステータス」画面が表示されます。

「新しいステータス」画面でステータスの名称を入力してください。後で変更することもできます。

項目 内容
名称 ステータスの名称です。
終了したチケット ONにすると、このステータスは作業が終了した状態を表すものとして扱われ、チケットの一覧を表示する画面で「完了」に分類されたり、「ロードマップ」画面で「完了」として集計されたりします。

項目の入力が終わったら「作成」をクリックしてください。ステータスが作成されます。

ステータスは作成しただけでは利用できません。実際に利用するためにはワークフローの設定が必要です。
FAQ: 追加したステータスがチケットのプルダウンに表示されない

応用編

ステータスの編集

「管理」→「チケットのステータス」画面でステータス名をクリックするとステータスの名称などが編集できる画面へ移動します。

ステータスの並べ替え手順

「管理」→「チケットのステータス」画面で矢印アイコンをドラッグすると並べ替えができます。これはチケットでステータスを選ぶときにプルダウンメニューに表示される順番で、Redmine全体で共通の設定です。

チケットの進捗状況を0%〜100%で表す「進捗率」を使う場合、①進捗率を手動で入力する方法と②ステータスに連動して進捗率を自動で更新する方法があります。更新忘れやユーザーによって基準がばらつくのを防ぐために②の方法がおすすめです。
設定方法は以下の記事をご覧ください。
チケットのステータスで進捗率を更新する (Redmine.JP Blog)

「Redmineを使い始めるための初期設定」の他の記事

関連サイト

ページの先頭へ