Redmine.JP

プロジェクト管理ソフトウェアRedmine 日本語情報 (unofficial)

トラッカー

トラッカーはチケットの大分類です。また、チケットのステータスを、どのロールのユーザーがどのように遷移させることができるのかというワークフローの定義も行います。チケットは必ず一つのトラッカーに所属します。トラッカー無しのチケットは作成できません。

デフォルトでは次の3つのトラッカーが登録されています。

バグ バグ修正等
機能 新たな機能の開発、既存の機能を改良等
サポート 成果物に直接結びつかない(ソースコードの変更が発生しない)作業。例えばプロジェクト運営のための資料作成、各種手続きなど
トラッカーの作成・編集・削除は 管理 → トラッカー で行えます。また、トラッカーに対するワークフローの定義は 管理 → ワークフロー で行います。

ワークフローの新たな定義が不要で、単にチケットを分類したいだけであれば「カテゴリ」の利用も検討してください。

トラッカーの機能

チケットの分類

チケットを分類するために利用できます。

ワークフローの定義

ロールとトラッカーの組み合わせごとに、どのようなステータス遷移を許可するのか設定できます。
(「管理」→「ワークフロー」画面の「ステータスの遷移」タブ)

フィールドに対する権限の設定

ロール・トラッカー・ステータスの組み合わせごとに、標準フィールドとカスタムフィールドを「読み取り専用」「必須」の権限を設定できます。
(「管理」→「ワークフロー」画面の「フィールドに対する権限」タブ)

チケットで使用するフィールドの設定

トラッカーごとに、標準フィールドとカスタムフィールドの有効・無効(入力項目として使用するかしないか)を設定できます。
(「管理」→「トラッカー」画面)

関連情報

用語

記事

関連サイト

ページの先頭へ