Redmine.JP

プロジェクト管理ソフトウェアRedmine 日本語情報 (unofficial)

メールに含まれるRedmineのアドレスを正しく設定する

Redmineはチケットの登録・更新などの通知メールにチケットへのリンクURLを含めて送信しますが、インストール直後のRedmineで設定されている http://localhost:3000/ というURLは多くの環境では正しくないので変更します。

正しいURLが生成されるように設定することにより、メール内のリンクをクリックしてRedmineのチケットを素早く表示させることができるようになります。

設定方法

画面左上の「管理」をクリックしてください。

管理画面の「設定」をクリックしてください。設定ページが表示されます。

ホスト名の設定

ホスト名とはRedmineにアクセスするためのURLからhttp://やhttps://を除いた部分です。サブディレクトリにRedmineが導入されている場合はディレクトリ名も含みます。

入力欄の下に例としてRedmineが自動的に割り出したものが表示されていますので、通常はそれをそのまま入力してください。

プロトコルの設定

通常はHTTP、SSLでRedmineにアクセスする場合はHTTPSを選択してください。

※SSLを利用するためにはwebサーバでSSLサーバ証明書の組み込み等の作業が別途必要です。

「Redmineを使い始めるための初期設定」の他の記事

いつでもどこでも使えてメンテナンス不要。RedmineはSaaSが便利です ▶ My Redmine

関連サイト

ページの先頭へ