Redmineとは

Redmineはプロジェクト管理ができるオープンソースソフトウェアです。やるべき作業を記録・管理したり社内で情報共有ができます。例えば、チームでシステム開発を進める場合に誰がいつまでに何をやるのか、現在どのくらい進んでいるのかをRedmineに記録することで進捗状況を明らかにし計画通りに進むよう支援します。

機能

やるべき作業を管理する「チケット」という機能が一番よく使われています。チケットはガントチャートやカレンダー、ロードマップなどで表示ができます。他にも共同でメモを作成できる「Wiki」、SubversionやGitなどと連携できる「リポジトリ」、メンバーへのお知らせを掲載する「ニュース」などの機能があります。

    

Redmineを使うべき理由

Redmineには今までの作業がよりスムーズになるメリットがたくさんあります。Webアプリケーションなので複数人が同時にアクセスでき、本社と支社が離れた場所にあっても一緒に作業を進めていくことができます。

利用シーン

システム開発をしていく上でのバグ管理、仕事の計画と進捗の管理、顧客からの問い合わせにどぼように回答したのか記録するなど様々な用途があります。

Redmine紹介資料

はじめてRedmineに触れる方へ向けたスライド、パンフレットをご紹介します。

はじめましょう

自分のサーバにインストール

下記ページでインストール手順をご覧ください。

インストール

クラウドサービスで手軽に利用

クラウドサービスを利用すると、面倒なサーバ管理不要でいつでもどこでも利用できます。メンバーが地理的に分散しているプロジェクトも円滑に勧めることができます。

  • My Redmine
    国内企業によるサービス提供。2009年開始の日本で最も歴史が長いRedmineのクラウドサービス。 大手企業実績 あり。
  • Planio
    Redmineを美しく高機能に改良。国内企業が日本語でサポート。 無料プラン あり。

Redmineのクラウドサービス「My Redmine」です。
オンプレミスからの移行もOK!1ヶ月の無料お試し受付中です!

詳細を確認