Redmine.JP

プロジェクト管理ソフトウェアRedmine 日本語情報 (unofficial)

TOP > Redmine Guide日本語訳 > 他システムからの移行

他システムからの移行

Trac

Trac importerで移行できる内容:

注意:

  1. ユーザーのパスワードはすべて trac に設定されます。
  2. チケットのidは、Redmineデータベースにチケットが全く登録されていない場合に限り保持されます。
  3. カスタムフィールドはRedmine上ではすべてtext型で作成されます。

Tracのデータベースにアクセスするにはsqlite-ruby gemが必要です。

- sqlite: gem install sqlite-ruby
- sqlite3: gem install sqlite3-ruby

作業を開始する前に、デフォルトデータがロードされたRedmineデータベースが必要です。 Redmineのインストール を参照してください。

移行スクリプトはTrac 0.10および0.11のsqliteデータベースでの動作確認を行いました。

1. 下記コマンドを実行してください。なお、’test’は移行先のRedmine環境です(通常はproductionなど):

rake redmine:migrate_from_trac RAILS_ENV=“test”

2. スクリプトがTracの設定について問い合わせを行います:

Trac directory []: /var/trac/myproject
Trac database adapter (sqlite, sqlite3, mysql, postgresql) [sqlite]:
Database encoding [UTF-8]:
Target project identifier []: myproject

Trac directoryは、移行対象のTrac environmentのディレクトリです。Redmineはこのディレクトリ以下の db/trac.db (sqlite/sqlite3の場合) と attachments ディレクトリを参照します。
Tracのデータベースとしてmysqlまたはpostgresqlを使用している場合、DBへ接続するためのパラメータ入力が要求されます(ホスト, データベース名, ユーザー名, パスワード)。
Target project identifierは、移行先となるRedmineプロジェクトの識別子です(プロジェクトが存在しない場合は新規に作成されます)。

4. スクリプトによりデータ移行が行われます:

Deleting data
Migrating components..............................
Migrating milestones..............
Migrating custom fields.......
Migrating tickets.................................
Migrating wiki...........

Components: 29/30
Milestones: 14/14
Tickets: 1275/1275
Ticket files: 106/106
Custom values: 4409/4409
Wiki edits: 102/102

移行されたオブジェクトの合計数が表示されます。
これで、Redmine上にMyprojectという、Tracから移行されたプロジェクトが作成されているはずです。

Mantis

Mantis importerで移行できる内容:

ユーザーのパスワードはすべて"mantis"になります。

添付ファイルの移行は、ファイルがMantisのデータベースに格納されている場合(Mantisのデフォルト)のみ可能です。

このスクリプトは異なるMantis 1.0.xのデータベースでテストされています。それ以降の最新のバージョンでも動作するはずです。

作業を開始する前に、デフォルトデータがロードされただけのRedmineデータベースが必要です。 Redmineのインストール を参照してください。
すでにデータが投入されているRedmineのデータベースに移行するには、Ulrichsによる Non-destructive migration Script が利用できます。

#10504 のパッチを適用するのも忘れないでください。

1. Redmineの環境テストを行うディレクトリで以下のコマンドを入力してください:
1. 以下のコマンドを実行してください。 “test” はデータの移行先のRedmineの環境です:

rake redmine:migrate_from_mantis RAILS_ENV="test"

2. Mantisのデータベース設定についての質問が表示されます:

Please enter settings for your Mantis database
adapter [mysql]:
host [localhost]:
database [bugtracker]: mantis
username [root]:
password []:
encoding [UTF-8]:

アダプタ名、ホスト名、データベース名、ユーザ名、パスワード、Mantis データベースのエンコードを入力するか、デフォルト値のままとしてください。

アダプタ名には mysql (デフォルト)か postgresql が使用できます。

3. スクリプトによりデータ移行が行われます:

Migrating users...............
Migrating projects.............
Migrating bugs........................................
Migrating news...
Migrating custom fields..

Users: 15/15
Projects: 13/13
Memberships: 10/10
Versions: 33/33
Categories: 4/4
Bugs: 180/180
Bug notes: 336/336
Bug files: 46/46
Bug relations: 11/11
Bug monitors: 8/8
News: 3/3
Custom fields: 2/2

移行されたオブジェクトの合計数が表示さxれます。

その他のシステムからの移行とサードパーティーのスクリプト

Redmineユーザーにより作成された移行スクリプトを利用することもできます。

これらのスクリプトはテストもサポートもしていません。


最終更新: 2015/01/15
原文

いつでもどこでも使えてメンテナンス不要。RedmineはSaaSが便利です ▶ My Redmine

関連サイト

ページの先頭へ