Redmine.JP

プロジェクト管理ソフトウェアRedmine 日本語情報 (unofficial)

チケット

チケット管理はRedmineの中核をなす機能です。チケットはいずれかのプロジェクトに所属し、ある特定のユーザーが所有しています。そしてバージョンなどと関連づけることができます。

チケットの表示

チケットを表示すると、進行中の作業の状態を見ることができます。注記などの履歴は更新順に表示されます(表示順は「個人設定」画面で変更できます)。ほかのメンバーの注記の引用や、自分の注記の編集も行えます。

関連するチケット

「関連するチケット」を使うと、内容が重複するチケットを終了させたり作業の順序を明確にするためにチケット同士を結びつけることができます。

チケットの関連の種類にはさまざまなものがあります:

システム管理者はユーザーがチケットの関連づけを行えるかどうかの 権限 を設定できます。

ウォッチャー

チケットのウォッチを行っているユーザーの一覧が表示されます。チケットが更新されるとこれらのユーザーに通知されます。

プロジェクトの管理者としてログインしている場合、ユーザーをウォッチャーの一覧に追加できます。追加ボタンを押すとウォッチャーを追加するためのダイアログボックスが表示されます。

システム管理者はユーザーがウォッチャーの追加/削除が行えるかどうか、ウォッチャーの一覧を参照できるかどうかの 権限 を設定できます。

関連するリビジョン

システム管理者が 参照用キーワード を設定している場合、開発者がリポジトリへのコミットの際にそれらのキーワードをコミットメッセージに含めると、「関連するリビジョン」欄(通常は最初の履歴の右側)にコミットの一覧が表示されます。

リビジョンとチケットの関連づけは、リポジトリブラウザのリビジョン画面から手動で行うこともできます。手動での関連づけは、リビジョン画面で壊れた鎖のアイコンをクリックすることで解除することもできます。

新規チケットの登録

Redmineの管理者が ロールと権限 の設定で権限を与えていれば、ユーザーはチケットを作成することができます(ロール画面の権限設定: チケットトラッキング > チケットの追加)。
新しいチケットを作成する際、もっとも重要な項目は トラッカー で、これはチケットの種類を定義しています。デフォルトでは、Redmineは次の3つのトラッカーが組み込まれています: バグ, 機能, サポート

既存チケットの更新

(TODO: describe and upload a screen-shot of update panel)

チケットを編集するには、 チケットの最上部か最下部の 編集 リンク(ペンのアイコン)をクリックしてください:

ユーザーのロールに付与されている権限 (ロールと権限 を参照)によって編集可能な項目は異なります。

既存チケットの題名または説明の更新

既存のチケットを編集するには、そのユーザーのロールに対して「チケットの編集」権限が ロールと権限 の設定で付与されている必要があります。

  1. チケットを開く
  2. チケットの最上部か最下部の 編集 リンク(ペンのアイコン)をクリック

説明欄を更新するには、チケットの説明欄の横に表示さている鉛筆のアイコンをクリックしてください。

子チケット

チケットの編集 を行うことで、「親チケット」フィールドの設定や削除ができます。これにより通常のチケットを子チケットにしたり、ある子チケットの親チケットを別のものに変更したり、子チケットを通常のチケットにすることができます。


最終更新: 2016/04/03
原文

いつでもどこでも使えてメンテナンス不要。RedmineはSaaSが便利です ▶ My Redmine

関連サイト

ページの先頭へ