Redmine.JP

プロジェクト管理ソフトウェアRedmine 日本語情報 (unofficial)

TOP > Redmine Guide日本語訳 > メールの設定

メールの設定

設定ディレクティブ

このページは作業中のため、下記の設定ディレクティブの一覧は完全なものではありません。

認証

送信に使用するメールサーバが要求する認証方法を指定します。

有効な設定:

(注意: :none に設定する場合、 user_name および password は設定してはなりません)

送信方法

メールの送信方法の指定です。

有効な設定:

非同期送信

:async_smtp:async_sendmail は非同期送信を行います。これによりRedmineはメールの送信を待たずに次の画面を表示します。詳細については Asynchronous Email Delivery をご覧ください。

ただし、これら二つの送信方法を指定すると、rakeタスク redmine:send_reminders で送信される リマインダメール が正しく送ることができなくなります(#5058)

configuration.ymlの設定例

LOGIN認証 (デフォルト)

# Outgoing email settings

production:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      address: smtp.example.net
      port: 25
      domain: example.net
      authentication: :login
      user_name: redmine@example.net
      password: redmine
  
development:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      address: 127.0.0.1
      port: 25
      domain: example.net
      authentication: :login
      user_name: redmine@example.net
      password: redmine

GMail、Google Apps、そのほかTLSを要求するSMTPサーバを利用する場合 、TLS関係の設定を追加する必要があります:

production:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      tls: true
      enable_starttls_auto: true
      address: "smtp.gmail.com" 
      port: '587'
      domain: "smtp.gmail.com" 
      authentication: :plain
      user_name: "your_email@gmail.com" 
      password: "your_password" 

上記設定は最近のバージョンのRubyおよびRails(1.8.7 patchset 2xx and 2.3.5)でのみ可能です。(#5814)

認証無し

認証を使用しないSMTPサービスプロバイダを利用する場合の例です。"none"の前にはコロンが必要です。注意してください。

production:
  delivery_method: :smtp
  smtp_settings:
    address: smtp.knology.net
    port: 25
    domain: cybersprocket.com
    authentication: :none

sendmailコマンドを利用

/usr/sbin/sendmail コマンドが利用できるUNIXシステムの例です。

production:
  email_delivery:
    delivery_method: :sendmail

関連サイト

ページの先頭へ