リポジトリ

「リポジトリ」とは、バージョン管理システムのリポジトリ内にあるファイルや更新履歴(リビジョン)を画面で参照できる機能です。
バージョン管理システムとは特定のファイルを、誰が、いつ、どのように変更したかという履歴とともに管理するためのシステムで、ファイルや更新履歴などの情報はリポジトリに保管されます。RedmineはGit, Subversion, Mercurialなどのバージョン管理システムと連係できます。

プロジェクトメニューの「リポジトリ」をクリックすると、画面の上半分にはリポジトリ内のフォルダ・ファイルの一覧を表示し、画面の下半分ではリポジトリに直近で記録されたリビジョン(最新リビジョン)を表示します。


リポジトリ画面ではリポジトリ内のフォルダ、ファイル、最新のリビジョンが確認できます。

Redmineのチケットとバージョン管理システムのリビジョンは、相互に関連づけることができます。
関連づけを行うと、チケットにはリビジョン画面へのリンクが表示され、チケットに基づいてどのような変更を行ったかを確認できます。リビジョン画面にはチケットへのリンクが表示され、ファイルの変更はどのチケットに基づいて行ったかを確認できます。

バージョン管理システムとの連携手順は以下のページをご覧ください。

バージョン管理システムとの連係機能は、プロジェクトの「設定」→「プロジェクト」タブ内にあるモジュール「リポジトリ」がONのときのみ利用可能です。

関連情報

Redmineのクラウドサービス「My Redmine」です。
オンプレミスからの移行もOK!無料の1ヶ月お試し受付中です!

無料で試してみる