Redmine.JP

プロジェクト管理ソフトウェアRedmine 日本語情報 (unofficial)

メールによるチケット登録で使用できるキーワード

Redmine 2.1で、チケットをメールで登録する際に使用できるキーワードの一覧です。

利用できるキーワードは、Redmineの MailHandler#issue_attributes_from_keywords メソッドのソースコードを読むことでも確認できます。

属性名 値の内容・形式 説明
project プロジェクト識別子
※注意: プロジェクト名ではない
新しいチケットを登録するプロジェクト。
返信で既存チケットを更新する場合は不要。
tracker トラッカー名
(例: バグ)
新たに登録するチケットのトラッカー。
省略時は「管理」→「トラッカー」画面で一番上にあるトラッカーが使用される。
category カテゴリ名 新たに登録するチケットのカテゴリ。
priority 優先度の名称
(例: 急いで)
チケットの優先度。
省略時は「管理」→「列挙項目」で指定されているデフォルト値が使用される。
status ステータスの名称
(例: 解決)
チケットのステータス。
省略時は「管理」→「チケットのステータス」で指定されているデフォルト値が使用される。
assigned to ログインID または メールアドレス チケットの担当者。
指定されたログインIDかメールアドレスが一致するユーザーが担当者に設定される。
start date YYYY-MM-DD
(例: 2010-11-03)
チケットの開始日。
省略時はチケット登録日。
due date YYYY-MM-DD
(例: 2010-11-03)
チケットの期日。
fixed version バージョン名
(例: 2010-11-03)
チケットの対象バージョン。
estimated hours 時間
(例: 10.5, 10h30m)
チケットの予定工数。
done ratio 進捗の値(10%きざみ)
(例: 40, 100)
チケットの進捗%。
カスタムフィールド名   チケットのカスタムフィールドの値。
いつでもどこでも使えてメンテナンス不要。RedmineはSaaSが便利です ▶ My Redmine

関連サイト

ページの先頭へ