Redmine.JP

プロジェクト管理ソフトウェアRedmine 日本語情報 (unofficial)

メールのエンコードをiso-2022-jpにする(文字化け回避)

本記事記載の内容はRedmine 1.4までで利用できます。Redmine 2.0以降では利用できません。

Redmineの通知メールのエンコードはutf-8であるため、一部のメーラーでは日本語が文字化けすることがあります。

ActionMailerJa をインストールすると、Redmineから送信されるメールのエンコーディングがiso-2022-jpになり、utf-8に対応していないメーラーでの文字化けが解消します。

ActionMailerJaとは

Redmineはwebアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」で開発されています。Ruby on Railsを使ったアプリケーションからメールを送信するにはActionMailerというものを使用しますが、そのときのメールのエンコーディングはutf-8になります。

ActionMailerJaは、ActionMailerから送信されるメールのエンコーディングをiso-2022-jpにするためのRuby on Railsアプリケーション汎用のプラグインです。RedmineなどRuby on Railsアプリケーションに対してインストールするだけで、メールのエンコーディングがiso-2022-jpになります。

インストール方法

gitコマンドが利用できる場合

Redmineのインストールディレクトリで以下のコマンドを実行後、Redmineを再起動してください。

ruby script/plugin install git://github.com/kusakari/actionmailer_ja.git

gitコマンドが利用できない場合

1. 次のURLからActionMailerJaのtarballをダウンロードしてください: https://github.com/kusakari/actionmailer_ja/tarball/master

2. Redmineインストールディレクトリ以下の vendor/plugins ディレクトリでダウンロードしたtarballを展開してください。

tar zxvf kusakari-actionmailer_ja-4bc66ab406cab8f085fc3b5ebb523d717af678a3.tar.gz

3. tarballを展開してできたディレクトリの名称をactionmailer_jaに変更してください。

mv kusakari-actionmailer_ja-4bc66ab406cab8f085fc3b5ebb523d717af678a3 actionmailer_ja

4. Redmineを再起動

関連項目

いつでもどこでも使えてメンテナンス不要。RedmineはSaaSが便利です ▶ My Redmine

関連サイト

ページの先頭へ