Redmine.JP

プロジェクト管理ソフトウェアRedmine 日本語情報 (unofficial)

ユーザーのアイコン(Gravatar)を表示する

Redmineでは、チケット画面や活動画面でユーザー名とともにアイコンを表示するよう設定できます。アイコンを表示することでユーザーを視覚的に識別できるようになります。

アイコン画像は各ユーザーが「Gravatar」というWebサービスに登録したものが使われます。

Gravatarとは

Gravatarはアイコン画像を管理するWebサービスです。このサービスに登録したアイコン画像は複数のWebサービスやアプリケーションで利用できます。Redmine以外にWordPressやGitHubなども対応しています。

Gravatarに画像を一つアップロードするだけですべてのサービスやアプリケーションに反映されるので、あちこちでアイコンをアップロードする手間が省けます。

RedmineでGravatarのアイコンを有効にする手順

下記設定を行うとGravatarに登録されている各ユーザーのアイコンが表示されるようになります。

1. 「管理」→「設定」の「表示」タブを開く
2. 「Gravatarのアイコンを使用する」にチェック
3. 「保存」をクリック

Gravatarへのアイコン登録

管理画面でアイコンを使用する設定を行っても、Gravatarにアイコンを登録していないユーザーはアイコンが表示されません。未登録の場合はGravatarのアカウント作成とアイコン登録を行ってください。

アカウント作成・アイコン登録を行うには、https://ja.gravatar.com/にアクセスし「Gravatarを作成」をクリックして、画面の指示に従ってください。

なお、メールアドレスの欄にはRedmineに登録しているメールアドレスを入力します。Gravatarはメールアドレスをキーとしているため、メールアドレスが異なると反映されないことに注意してください。ユーザー名とパスワードは任意のものを入力してください(Redmineのアカウントに合わせる必要はありません)。

いつでもどこでも使えてメンテナンス不要。RedmineはSaaSが便利です ▶ My Redmine

関連サイト

ページの先頭へ