Redmine 1.3.0 リリース

2011/12/10

2011年12月10日、Redmine 1.3.0がリリースされました。

本リリースは、5月にリリースされたRedmine 1.2.0以来のメジャーバージョンアップです。同時にリリースされたRedmine 1.2.3で行われた修正に加えて約30個の修正、そして多数の新機能の追加が行われています。

新機能の一例:

  • PDFエクスポート機能の改善 (Textileによる書式設定への対応・画像の出力)
  • CSVエクスポート機能の改善 (エクスポート対象を画面表示されている項目のみか、全項目か指定可能)
  • Wikiで個別のセクションのみを編集
  • グループへのチケット割当
  • Git・Mercurialリポジトリのブランチ・マージの履歴を見やすく表示
  • 日付の範囲を指定してチケットを絞り込む
  • MailHandlerの改善(ユーザー登録)
  • REST APIの充実 (チケットの関連づけ、バージョン、カスタムクエリ、カテゴリ、添付ファイル、ステータス、トラッカー)

Redmine 1.3インストール手順

インストール・アップグレード時の注意

  • Redmine 1.3.0より、実行するためにRails 2.3.14が必要です。RubyForgeからダウンロードしたリリースパッケージにはRails 2.3.11が含まれていますが、svnリポジトリからチェックアウトしたRedmineのソースコードを利用している方はRails 2.3.14のインストールが必要ですので注意してください。
  • Redmine 1.2.0以降ではメール関係の設定を config/configuration.yml で行うようになりました。ただし、従来通りの config/email.yml による設定も現時点では可能です。

新規インストール

以下の記事を参考にしてください。

旧バージョンからのアップグレード

関連情報

Redmineオフィシャルサイト

Redmine.JP