wikiの記法は?

Redmineのwikiやチケットの説明など、ほとんどのテキスト入力エリアで「Textile」または「Markdown」と呼ばれる記法が利用できます。これらを利用することで、太字や取消線などの文字の修飾、画像の埋め込み、リンクなどを表現できます。

Wikiやチケットの説明などテキストが入力できる箇所の多くでは、太字や取消線などの文字の修飾、表組み、Redmine上のオブジェクトへのリンクの記述などが専用の書式を使って行えます。

書式の記述には Textile かMarkdown が利用でき、どちらを使うのかはRedmine全体の設定(「管理」→「設定」→「全般」)で指定します。

書式のリファレンス

テキスト入力エリア上部のツールバー内の右側のヘルプボタンをクリックすると、現在利用可能な書式のリファレンスを参照できます。

また、Textile記法についてはRedmine.JP内にも解説ページを作成しています。

Redmineのクラウドサービス「My Redmine」です。
オンプレミスからの移行もOK!無料の1ヶ月お試し受付中です!

無料で試してみる