チケットとSubversion等のリポジトリへのコミットを関連づける

Subversion等へのコミット時、コミットログに特別なキーワード(refs, closes など)とともにチケット番号を記述することにより、Redmine上でチケットとリビジョンを関連づけることができます。

これにより、Redmineの画面ではチケットとリビジョンから相互にリンクが表示されます。そのチケットに基づいて変更されたソースコードを確認したり、ソースコードの変更の根拠となるチケットを確認したり等が容易に行えます。

詳しくは以下をご覧ください。

関連情報

Redmineのクラウドサービス「My Redmine」です。
オンプレミスからの移行もOK!無料の1ヶ月お試し受付中です!

無料で試してみる