Redmineのチケットのフィルタでワイルドカードを使う

チケットのフィルタのうち、題名、説明、ファイルなど任意の文字列を指定できるフィルタではワイルドカードを使用できます。ワイルドカードとは任意の文字列にマッチさせるための特殊文字で、より柔軟な検索を行うために活用できます。

使用できるワイルドカード

  • % : 0文字以上の任意の長さの文字列にマッチ
  • _ : 任意の1文字にマッチ

使用例

  • open_source : "open souce", "open-source" などにマッチ。”opensource" にはマッチしない
  • open%source : "opensouce", "open source", "open the source" などにマッチ
  • dsc%.jpg : "dsc_0001.jpg", "dsc_0002.jpg" などにマッチ

Redmineのクラウドサービス「My Redmine」です。
オンプレミスからの移行もOK!無料の1ヶ月お試し受付中です!

無料で試してみる