シンタックスハイライト用の記述を簡単に入力したい

RedmineはチケットやWikiに記述されたソースコードの予約語や定数を強調表示して読みやすくするシンタックスハイライト機能を備えています。

シンタクスハイライトを行うには、対象のソースコードの前後で専用の記述を行いますが、この記述は手入力しなくてもツールバーのボタンをクリックしてソースコードの言語を選択するだけで簡単に入力できます。

Textile の場合

Markdown の場合

Redmineのクラウドサービス「My Redmine」です。
オンプレミスからの移行もOK!無料の1ヶ月お試し受付中です!

無料で試してみる