Redmineのチケットにデフォルトの担当者を設定する

更新日 2022/03/15

(対応バージョン:Redmine 3.4以降)

Redmineはプロジェクトごとに、新しいチケットを作成したときのデフォルトの担当者を設定できます。

あるユーザーをデフォルトの担当者を設定しておくと、担当者が未選択の状態で新しいチケットを作成すると自動的にそのユーザーが担当者として割り当てられます。

設定方法

プロジェクトの「設定」→「チケットトラッキング」→「デフォルトの担当者」を選択して「保存」をクリック

Redmineのクラウドサービス「My Redmine」です。
オンプレミスからの移行もOK!無料の1ヶ月お試し受付中です!

無料で試してみる