Redmineにユーザーを一括登録したい

対象バージョン:RedMica1.2 / Redmine4.2 以降

Redmineのユーザー登録では、CSVファイルをインポートすることで複数のユーザーを一括で登録できます。

CSVによるユーザーのインポートができないバージョンのRedmineでユーザーを一括登録する方法は、ツールを使ってユーザーを一括登録する方法があります。詳しくは以下の記事をご覧ください。
[Redmineワンポイントチェック(9): REST APIを使ってユーザーを一括登録する] (Redmine.JP Blog)

①ユーザー登録用のCSVファイルを作成する

インポートしたいユーザーの情報(ログインID、名、姓、メールアドレス、パスワードなど)を記述したCSVファイルを作成します。
指定できる項目は次の通りです。指定が必要なものだけCSVに項目を追加し、登録できます。

項目
ログインID ログインID 新しいユーザーがログイン時に使用するログインIDを入力します。
ユーザーの名を入力します。
ユーザーの姓を入力します。
メールアドレス メールアドレス ユーザーのメールアドレスを入力します。アドレス宛に更新通知などが送信されます。
言語 ja, en など(ja: 日本語、en: 英語) ユーザー個別に表示言語を指定できます。CSVファイルで指定で場合、上部メニュー「管理」→「設定」の表示タブ内にある「デフォルトの言語」で設定されている言語で登録されます。
Redmine.JP FAQ:「デフォルトの言語」の設定と影響範囲
システム管理者 はい ユーザーをシステム管理者として登録するか指定できます。CSVファイルで指定がない場合、「いいえ」で登録されます。
いいえ
認証方式 登録済みのLDAPサーバの名称 LDAP認証の設定を行っている場合、LDAPサーバのユーザー名とパスワードによる認証 か Redmine上で設定済みのログインIDとパスワードによる認証(内部)を使用するか指定できます。CSVファイルにて指定がない場合、「内部」で登録されます。
内部
パスワード パスワード ユーザーがログイン時に入力するパスワードを指定できます。
次回ログイン時にパスワード変更を強制 はい 追加したユーザーが初めてのログインを行った時に、パスワードの変更を強制するかを指定できます。CSVファイルで指定がない場合は、「いいえ」で登録されます。
いいえ
ステータス active

ユーザーを active(有効)、registered(登録)、locked(ロック中) のいずれかの状態を指定できます。CSVファイルで指定がない場合は、「active」状態でユーザーが登録されます。ユーザー登録後にすぐにログインして利用可能としたい場合、指定は不要です。

・active(有効)
ユーザーがログインしてRedmineを利用できる状態です。

・registered(登録)
ユーザーが有効化されておらず、Redmineにログインできない状態です。有効化は、上部メニュー「管理」→「ユーザー」→ ステータスを「登録」に変更後、「有効」をクリックして行えます。

・locked(ロック中)
ユーザーがロックされていて、Redmineにログインできない状態です。ロックの解除は、上部メニュー「管理」→「ユーザー」→ ステータスを「ロック中」に変更後、「アンロック」をクリックして行えます。

registered
locked
カスタムフィールド カスタムフィールドの値 ユーザーのオブジェクトに追加しているカスタムフィールドの値を指定できます。

②CSVファイルをアップロードしてユーザーをインポートする

1. 上部メニュー「管理」→「ユーザー」

2. 「新しいユーザー」の横にある「・・・」をクリックして「インポート」を選択

3. 「ファイルを選択」ボタンをクリックして作成したCSVファイルを選択して「次」をクリック

4. CSVファイルの形式に合わせて「オプション」の内容を変更して「次」をクリック
「インポート中のメール通知」をONにすると、インポート時にメール通知をユーザーへ送ります。

5. CSVファイル内の各列がユーザーのどのフィールド(項目)に対応するか自動で設定されるので、対応関係が正しいことを確認して「インポート」をクリック

6. インポート完了後は登録したユーザーの一覧が表示されます

ログインIDをクリックして、ユーザーの情報が想定通り登録されているか確認してください。