テキスト書式を Markdown に切り替える

RedmineのチケットやWikiの記述で使われるマークアップ言語はデフォルトでは Textile ですが、ほかのソフトウェアやサービスで広く使われている Markdown に切り替えることができます。

切り替え方法

システム管理者権限を持つユーザーでログインした状態で、「管理」→「設定」画面の「全般」タブを開き、「テキスト書式」の選択肢を「Markdown」に切り替えてください。

注意事項

すでにTextileで書かれたチケットやWikiは、テキスト書式をMarkdownに切り替えると表示が崩れます。

Redmineのクラウドサービス「My Redmine」です。
オンプレミスからの移行もOK!無料の1ヶ月お試し受付中です!

無料で試してみる