Redmine.JP

プロジェクト管理ソフトウェアRedmine 日本語情報 (unofficial)

グループ

グループとはRedmineに登録された ユーザー を束ねて管理するためのものです。グループを使うと多数のユーザーをまとめてプロジェクトのメンバーとして登録することができます。

グループを利用するメリット

プロジェクトに参加するメンバーをグループ単位で登録

プロジェクトのメンバーの登録をユーザー単位でなくグループ単位で行えば、グループへのユーザーの登録・削除を行うだけでそのグループを参照しているすべてのプロジェクトのメンバーがグループの登録内容にあわせて更新されます。多数のユーザーが利用する場合やユーザーの異動が頻繁な組織で特に便利です。

チケットの担当者をグループにする (複数のメンバーを同時に担当者とする)

また、 「管理」→「設定」画面の「チケットトラッキング」タブの「グループへのチケット割り当てを許可」チェックボックスをONにしておけば、グループをチケットの担当者にすることができます。担当するチームは決まっているが担当者がきまっていないタスクや、複数の担当者が並行して作業を進めるタスクなどに便利です。

グループの作成

システム管理者であるユーザーで「管理」→「グループ」を開き、画面右上の「新しいグループ」をクリックしてください。「新しいグループ」 画面が開きます。この画面でグループの名称を入力し「作成」ボタンをクリックしてください。

グループに所属するユーザーの変更

「管理」→「グループ」を開くと登録されているグループの一覧が表示されます。ここでグループの名称をクリックするとグループを編集するための画面が表示されます。この画面で「ユーザ」タブを開くと、グループに所属するユーザの確認と変更ができる画面が表示されます。

グループにユーザを追加するには、画面右側の「新しいユーザ グループボックスの中で追加したいユーザーのチェックボックスをONにして 追加 ボタンをクリックしてください。

グループからユーザーを削除するには、ユーザー名の右側の 削除 をクリックしてください。

関連情報

用語

記事

いつでもどこでも使えてメンテナンス不要。RedmineはSaaSが便利です ▶ My Redmine

関連サイト

ページの先頭へ