Redmine.JP

プロジェクト管理ソフトウェアRedmine 日本語情報 (unofficial)

TOP > FAQ > 全般 > 活動画面に表示されるチケットの更新日が1日ずれる

活動画面に表示されるチケットの更新日が1日ずれる

活動画面ではチケットなどプロジェクトの更新情報が時系列で表示されます。

しかし、ユーザーのタイムゾーンを設定していないと誤った更新日で表示される場合があります。よく発生しがちなケースは、日本時間午前9時までに更新されたチケットが前日の日付に分類されてしまうというものです(9時間ずれる)。例えば、画像のチケット#183は2018年2月27日午前8時38分に更新しましたが、「2018/02/26」として表示されています。

ユーザーのタイムゾーンを設定すれば、正しい日付で表示されます。

設定前(誤った日付で表示される)

設定後(正しい日付で表示される)

設定方法

ユーザーのタイムゾーン

それぞれのユーザーで以下の設定を行ってください。

  1. 画面右上の「個人設定」をクリック
  2. タイムゾーン「(GMT+09:00) Tokyo」を選択
  3. 「保存」をクリック

新しいユーザーを作成したときのデフォルトタイムゾーン

この設定を行っておくと、新しいユーザーを登録した時にデフォルトで設定されるタイムゾーンを指定できます。今後新たに作成するユーザーについては、各ユーザーが自分でタイムゾーンを指定する必要がなくなります。

  1. 画面上部メニュー「管理」→「設定」→「認証」タブをクリック
  2. 「タイムゾーン」から「(GMT+09:00) Tokyo」を選択
  3. 「保存」をクリック

関連情報

いつでもどこでも使えてメンテナンス不要。RedmineはSaaSが便利です ▶ My Redmine

関連サイト

ページの先頭へ