Redmine.JP

プロジェクト管理ソフトウェアRedmine 日本語情報 (unofficial)

Redmineをバージョンアップしても新機能が使えない (新機能に関する権限設定)

Redmineのメジャーバージョンアップ(例: 0.9 → 1.0)を行った後は、新たに追加された権限を必要なロールに付与してください。

バージョンアップ後は新機能の利用可否を設定するための新たな権限が追加されることがありますが、新たに追加された権限はどのロールにも付与されておらず、そのままではRedmineの管理者以外のユーザーはその新機能を使うことができません。

権限の追加

「管理」→「ロールと権限」→「権限レポート」画面を開き、バージョンアップ後に新たに追加された権限を必要なロールに付与してください。

例:

Redmine 1.0ではチケットを親子の関係にすることができるようになりましたが、新規インストールではなくRedmine 0.9以前から1.0以降にバージョンアップした環境では「子チケットの管理」権限がどのロールにも付与されていないため、権限を追加します。

関連サイト

ページの先頭へ